メインコンテンツに移動

ハイブリッド、電気、燃料電池駆動系のためのEMCセンターを新設 EMC試験対象を拡大

Neues Testzentrum für Hybrid-, Elektro- und Brennstoffzellenantriebe EMV-Dienstleister Mooser GmbH erweitert Leistungsspektrum

 

当社は2009年より、自動車分野におけるEMC試験の対象を順次拡大し、ハイブリッド(HV)、電気(EV)、燃料電池(FCV)駆動系の試験を行っております。両試験所合わせて3500㎡の敷地に、最先端の電波暗室とシールドルームが22基と、計測機器、シミュレーションシステムが完備されています。
 
1. HVおよびEV駆動系のEMC試験装置(250kWと100kWを各2台)

Im Bereich Automotive hat Mooser sein Angebotsspektrum seit 2009 um Dienstleistungen für Hybrid-, Brennstoffzellen- und Elektroantriebe kontinuierlich erweitert. An den beiden Standorten stehen auf 3500 Quadratmeter 22 modernste Absorber- und Schirmkabinen, Messplätze und Simulationsanlagen bereit.   1 . EMV-Prüfstände für Hybrid- und Elektroantriebe (2x 250 kW und 2x 100 kW)

2. 高電圧部品の電気試験

高電圧部品マイクロカット、残留交流電圧、グラウンドシフトなどの電気試験ができるようになりました。

試験の周囲温度は-45℃~+185℃、試験容積は1m³です。

 

3. 機械部品のEMC測定には、主に以下のものが含まれます。

  • モーター軸などの機械部品によるノイズのデカップリング
  • ギアボックスの機械的な動力伝達(ハイブリッドトランスミッション)によるノイズのカップリング
  • ドライブシャフトによるノイズの放射

当社は、ノイズを正確に記録・評価するための適切な測定方法を開発し、この方法は標準化されています。
当社の測定方法を用いれば、ノイズ現象を部品レベルで、早期に把握することができます。

4. 業務範囲の拡大

当社が2基保有している最大出力250kWのeCHAMBER®を使うことで、あらゆる駆動ユニットのEMC試験が可能です。

  • 出力数百kWの電気モーター
  • 出力数百kWのアクスルドライブ(全体)
  • 出力数百kWのバスや商用車用のドライブ
  • ハイブリッドドライブ(商用車を含む)
  • 電動ステアリングなど電気自動車の高電圧部品全般
  • オンボード充電器
  • ワイヤレス充電器
  • エアコン
  • ハウジングの遮蔽減衰量測定
  • 材料の遮蔽減衰量測定